【自分でエアコン掃除】ダイキンやパナソニック等メーカー別本体カバーの取外し方

エアコンカバーの取り外し方

エアコンの掃除を本格的にやろうと思った時に邪魔になるのが本体カバー。

「汚れが見えてるのにカバーが邪魔でブラシや掃除機が届かない!」なんて諦めていませんか。

この記事を読めばプラスドライバー1本でエアコンの本体カバーは簡単に外せてしまいます。

エアコンカバーのメーカー別外し方のポイント

【手順1:各社共通】エアコンのコンセントを抜く

まず最初にエアコンの電源コンセントを抜いておきましょう。

本体カバーを取り外すくらいなら電源コンセントは挿したままでも構いませんが、作業中に誤作動を起こして怪我をするのを防ぎます。

作業中にお子さんがリモコンを押してしまったり、隣の部屋のエアコンのリモコンで誤作動を起こしてしまったりということが考えられます。

【手順2:メーカー別】前面パネルとフィルターの取り外し

エアコンの前面パネルとは、フィルターを取り外したりする時にパカっと上方に跳ね上げるカバーの一部です。

メーカーによって前面カバーのヒンジ部の作りはまちまちですが、前面パネルを目一杯上まで跳ね上げてから片方ずつ取り外すというのは共通です。

中央部にもヒンジがあるものは、中央部から外します。

中には前面パネルに電気配線がされていてコネクタを外したり、ドライバーで固定部品を外したりしないといけないものもあります。

【手順3:各社共通】風向ルーバーの取り外し

風向ルーバーは基本的にはどのメーカーも取り外し方法は同じです。

両端と中央部の支柱で留まっているので、まずは中央部の爪を外してから、左側、右側の順に外していきます。

コツは風向ルーバーを大きく曲げて、中央支柱側も少し押し曲げて外すことです。
私は今までに何千台ものエアコンをクリーニングしてきましたが、ルーバー自体が折れてしまったことは一度もありません。かなり年数が経過しているエアコンでも。

かなりたわませても折れることはないと思っていいでしょう。

【手順4:メーカー別】エアコンのカバーの取外し

エアコンのカバーには大きく分けて2種類のタイプがあります。

フルカバータイプとハーフカバータイプの2種類です。

ハーフカバータイプは、壁から5cm程度の所から先だけを取り外せるようにしてあります。

ハーフカバータイプの殆どは吹出口下に2本(まれに3本)のネジがあるものがほとんどで、比較的簡単に外せます。
大抵は吹出口下のネジを外したあと、カバー下側を手前に引っ張ってやると外れてきます。

対してフルカバータイプは壁に接する部分までが一体になっていて、全て取り外せるようなカバーになっています。

ハーフカバーは比較的古いタイプに多く、最近はフルカバータイプが主流です。

ほとんどのエアコンカバーはワンピースですが、中にはセパレートタイプでいくつかに分割されているものもあります。

エアコンクリーニングの現場ではたまにカバーが外れなくて困ることがあるのですが、ほぼ全てフルカバーのワンピースタイプです。

ダイキンのカバーの外し方

比較的簡単に外装カバーを外せるメーカーです。

大抵本体中央部あたりにある2本のネジを外して、カバー上部にある爪(3箇所)を外せば上の方から手前に引いて外せます。

上部の爪はカバーの格子部分を上につまみ上げる感じにすれば簡単に外れます。

パナソニックのカバーの外し方

パナソニックのエアコンカバーはセパレートタイプなので、吹出口下のネジを2本取り外したあと、本体カバー下側を手前に引っ張ってやると簡単に外れてきます。

三菱電機のカバーの外し方

三菱電機の霧ヶ峰のエアコンも本体カバーはセパレートタイプなので、吹出口下の2本のネジを取り外せば下部から簡単に外せます。

化粧カバーの下にネジがあります。

富士通ゼネラルのカバーの外し方

富士通ゼネラルのエアコンカバーはフルカバータイプです。

外しにくいことが多い印象です。
ちなみに我が家にある富士通ゼネラルのエアコンカバーは上部が割れていて、下の2箇所の爪も割れてなくなってます汗。(掃除屋を始める前に自分でトライして割っちゃいました)

前面パネルを取り外した後、本体中央部のネジを4本外します。

本体下の「―」マークがある部分2箇所を指で押し上げながら、手前に引くと外れます。でも、これがなかなか外れないことが多いんですよね。

下が外れたら再びはまってしまわないように、隙間に何かタオルでも挟んでおくのが無難です。

次に上の爪を外しますが、カバー内側の爪が熱交換器に引っかかるようになっているので、マイナスドライバーなどを突っ込んでやらないとなかなか外れなかったりします。

私は富士通ゼネラル製のエアコンカバーが一番苦手です。

シャープのカバーの外し方

シャープのエアコンカバーは結構凝った作りのものが多くて、機種によって1ピースのカバーのものや左右が分割されているものなど様々です。

ルーバーを外す際も、カバーの一部が開くようになっていて開けてからしか取り外せないものや、風向ルーバー(フラップとも呼びます)にプラズマクラスターイオン発生機がついたものなどは、カバーを取り外してネジを取ってからしか外せなかったりします。

日立のカバーの外し方

日立のエアコンカバーはセパレートタイプです。

吹出口下のネジ2本を外してカバー下部から外していけば外れます。

東芝のカバーの外し方

東芝のエアコンカバーはフルカバータイプです。

まず前面カバーとフィルターを取り外した後、本体中央部にあるネジを2本ほど外します。

本体下の2箇所にある「PUSH」と書かれた場所を指で押し上げながら本体カバー下部を手前に引いてやると外れてきます。

もしエアコンカバーの爪が割れてしまったら

先程も書きましたが、我が家の富士通ゼネラル製のエアコンのカバーは割れまくっています。

フルカバータイプの下部の2つの爪は、本体とカバーをくっつけているだけでなく、壁(取付ベース板)とエアコン本体を固定する役割も兼ねているので、この爪が2つとも割れてしまうと、上部裏にある引掛け部分だけで本体がぶら下がっていることになります。

富士通ゼネラル製に限らずフルカバータイプは全てこの構造です。

普段使用している際には全く問題ありませんが、大きな地震が来たりすると吹っ飛んで来る可能性が考えられます。

とはいえ、エアコンの真裏にある壁穴に配管が入っていっている設置状況ではその心配はありません。
配管で引っ張られているので、エアコン本体が外れてくることはないわけです。

問題なのはエアコンの配管が本体の横や下から露出で伸びているものです。

露出配管のエアコン以外は、ほとんどエアコンカバーの割れを気にする必要はないでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事がお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました