エアコン掃除 自分で出来る分解クリーニングのやり方・手順

エアコンファンの取り外し

エアコンの掃除って自分でできないのかな?と思っている人も多いのではないでしょうか。

実はエアコンの分解掃除なんて手順ややり方、注意点だけ知ってしまえば簡単に出来てしまうんです。

今から紹介するエアコン分解クリーニングの方法は、ダスキンやおそうじ本舗はもとよりそのへんの業者よりも更に徹底的にキレイに出来る方法です。

最初は恐る恐るで時間がかかるかもしれませんが、来年以降もしくは2台目以降は驚くほど短時間で簡単にエアコン分解掃除ができちゃうはずです。

エアコンを自分で分解クリーニングするのに必要なもの

分解に必要な道具:脚立か踏み台

可能な限り3段の脚立を使用してください。

このタイプの脚立を使うメリットは、またいで立つと足で脚立を挟み込む形になるので体が安定して安全に作業できることです。

使ってはいけなのは、パイプ椅子のように立つ位置によって閉じてしまうものや、座面が回転する事務椅子のようなものです。

思いがけずバランスを崩すことがあり、大怪我に繋がりますので絶対に避けてくださいね。

エアコン分解作業に集中できないと最悪エアコンを壊してしまいかねません。

分解に必要な道具:ライト

部品と部品の隙間や奥の暗い所などを照らすためにライトを用意しておきましょう。

分解に必要な道具:工具(プラスドライバー)

エアコンの分解に必要な工具はプラスドライバーだけでも大丈夫です。

他にあると便利な道具としては、マイナスドライバーや伸縮するミニ鏡などです。

分解に必要な道具:養生材(ビニール袋とテープ)

プロは「エアコン洗浄カバー」と言われるものを使用して養生しますが、ビニール袋(45Lのゴミ袋)と養生テープがあれば出来ます。

なるべく「マスカー」と呼ばれるビニールとテープが一体になった物を用意することを強くおすすめします。

エアコンの分解掃除に必要な物・マスカーテープ
カーマの布マスカー
エアコン分解掃除に必要な物・養生テープ
養生テープ「バイオランテープ」

このマスカーにはビニール部分の長さが550mmのものと1100mmのものなどがありますが、1100mmを買っておくと楽ちんです。550mmを継ぎ足して使うことも出来ます。

分解に必要な道具:洗剤とブラシ

洗剤はアルカリ性の強いものをおすすめします。

プロはエアコン分解洗浄に強アルカリの洗剤を使いますので、強いアルカリ洗剤でもエアコンが壊れたりすることはありません。

市販のマジックリンなどで十分ですが、台所用洗剤などではキレイになりません。

おすすめは過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)です。
顆粒(粉)の物をお湯に溶いてスプレー容器に入れて使います。

カビ取り剤は使わなくても大丈夫です。
アルカリ洗剤で洗ってしっかりすすげばカビは取れます。

ブラシは毛が長めのナイロンのものを用意しましょう。

分解に必要な道具:バケツ

なるべく大きめのバケツがあったほうが作業がはかどります。

小さすぎると水があふれて大変なことになったりしますので注意しましょう。

分解に必要な道具:加圧スプレー

エアコン洗浄のすすぎ洗いの時に使います。

プロは高圧洗浄機を使いますが、加圧式のスプレーで代用します。

エアコン分解洗浄に必要な物・ペットボトル加圧スプレー

市販のエアコン洗浄用缶スプレーを使って、その後散水ホースですすぐ方法もあります。かなりの水量があるのでしっかりした養生が必要です。

エアコン分解洗浄に必要な物・散水ホースとノズル

エアコンを分解してファンや熱交換器を簡単に掃除する方法・手順

今回紹介するエアコンの分解はオーソドックスなタイプのものです。

メーカーや機種によっては電装基板が右側ではなく中央についていたり、取り外しにかなりの手間がかかるものもあります。
お掃除機能付きのエアコンであれば更に難易度は上がります。

複雑になるほど故障のリスクが高まりますので、あくまでも自分の技量と照らし合わせて自己責任の上で行ってください。

分解手順1:エアコンのコンセント

エアコンのコンセントはまず最初に抜いておきます。

あまり見かけませんが、緑色のアース線がコンセントの下にネジ止めされている場合は外しておきます。

エアコンは室内機と室外機が電源ケーブルで接続されているので、室内のコンセントを1つ抜いてしまえば、室外機の電源も落とせます。

分解手順2:エアコンのカバーとルーバーの取り外し

ほとんどのエアコンでは風向ルーバーを取り外してから、外装カバーを取り外して分解します。

まずは前面カバーを開けて取り外します。
フィルターも取り外しておきます。

エアコン分解:カバーの取り外し

次に風向ルーバーを取り外します。

風向ルーバーは両端と中央部分(1箇所か2箇所)で留まっています。

まずは中央のはめ込みを外しますが、コツはルーバー全体をしならせつつ、本体側の支柱をほんの少しルーバー側の出っ張りと反対方向に押すことです。

あまり曲げすぎると割れてしまうので注意しましょう。

エアコン分解洗浄:風向ルーバーの取り外し

中央部分を外したら両端を外しますが、片側は差し込んであるだけでもう片側はモーターと直結かギヤと噛み合っています。

そのまま抜けてくるものと、ある角度でしか抜けない構造になっているものとがあります。

エアコン分解洗浄:ルーバーの取り外し方
エアコンの分解洗浄:風向ルーバーの取外し後

抜けてこない場合はゆっくりとルーバーを開ける方向に回してやると、ある角度になった時に抜けてきます。軽く引っ張りながら回すとわかりやすいですよ。

本体カバーの取り外し

ルーバーが外れたら本体カバーを取り外します。

エアコンの外装カバーには大きく分けて「フルカバー」のタイプと「ハーフカバー」のタイプがあって、新し目のものは大抵「フルカバー」になっています。
上位機種だと何分割かに分かれているものもあります。

エアコン分解洗浄:カバーの取外し方
ハーフカバータイプのエアコンカバー

フルカバータイプは外すのに難儀することがちょくちょくあります。

大抵のエアコンは2~5本程度のビスでカバーを留めていますので、まずはビスをすべて外します。

ビスの頭の部分にプラスチックの化粧カバーがしてあって見つけにくいものがあります。
特に吹出口の下の部分はカバーが付いているものが多いです。

エアコン分解洗浄:カバーのネジの取り外し

ネジを外してもプラスチックの爪で固定されているものが多いので、外装カバーを軽く引っ張ったりしながら爪の位置を探って外していきましょう。

プロでも外装カバーの爪がなかなか外れなくて困ることがよくあるので、根気よく外してみましょう。

外していく順番ですが、ほとんどのエアコンは外装カバーの下側の爪から外していきます。

エアコンの下面をよく見ると「△」マークや「PUSH」といった文字が書かれているので、その部分を上に押しながらカバーを手前に引くと大抵外れます。

下が外れたら次に外装カバーの上の部分をつまむように上に引き上げなら、手前に引いて爪を外します。

分解手順3:電装基板とルーバーモーターの取り外し

電装部品をすべて取り外して分解していきます。

電装基板の蓋を外す

エアコンの頭脳にあたる電装基板は大抵向かって右側についています。

これから外していく各種電装部品の配線を電装基板から抜かないといけないので、最初に電装基板の蓋を外しておきます。

アドバイスとして、この時点で電装基板の写真をとっておくことをおすすめします。
機種によってはコネクタが最初から空いているものがあって、写真をとっておくと組み立ての段階で迷うことがなくなります。
一応言っておくと、全てのコネクターは種類が違うものが使われていて差し間違えることはないようになってます。まれにセンサー類は同じ形のコネクターだったりしますが。

電源ケーブルの取り外し

まず電源ケーブルと本体の接続部分を外します。
赤・黒・白の3色の線と緑色(白の場合も)のアース線を外しますが、先にケーブルを固定しているクランプという部品のネジを外します。

ちなみにこの3色の電源ケーブルは室外機と接続されています。

3色の線はネジ止めではなく差し込むだけで固定される仕組みになっているので、この固定を解くために白いプラスチック部分をドライバーで強く押しながら3色のケーブルを引き抜きます。
できるだけ幅の広いマイナスドライバーで押したほうが楽にケーブルを抜くことが出来ます。
コツは外したいケーブルの真上のプラスチック部分に、マイナスドライバーで体重を掛けて押しながら一本ずつ抜くことです。

エアコン分解洗浄:電源ケーブルの取り外し方
エアコンの分解洗浄:電源ケーブルの抜き取り後

リモコン受光部とルーバーモーターの取り外し

電装基板の下側あたりに、リモコンからの信号を受信するための受光部ユニットがあります。

大抵は爪で引っ掛けてあるだけなので、外して配線をたどっていくと電装基板のコネクタに行き着くので抜いておきます。

リモコン受光部を外すと、風向ルーバーを動かすルーバーモーターがあらわになるのでネジを外して取り外します。配線も外せれば基盤からコネクタを抜いておきます。

エアコンの分解洗浄:ルーバーモーターの取り外し
エアコンの分解洗浄:ルーバーモーターの取り外し後

温度センサーの取り外し

温度センサーには2種類あります。

熱交換器の温度をみるものと室温をみるものの2種類です。

どちらも差し込んであるだけなので、引き抜いて外します。

熱交換器のセンサーは外しにくいものもあるので、そのままにしておいて電装基板側のコネクタだけ抜くだけでも構いません。

エアコンの分解洗浄:温度センサーの取り外し

電装基板の取り外し

電装基板はカバーで覆われていますが、ガバーを留めているネジ(大抵1本)を外すと手前に引き出せるようになっています。

少し引き出したら電装基板上に刺さっているコネクタを全部抜いてしまいます。

そうするといよいよ電装基板を本体から取り外すことが出来ます。

エアコンの分解洗浄:電装基板の取り外し

分解手順4:エアコンのドレンパンとファンの取り外し方

ドレンパンを取り外した後、ファンを取り外します。

まずはドレンパンを先に外しますが、メーカーによってはドレンパンやファンを取り外せない構造のエアコンもあります。

ドレンパンは爪だけで留まっているものもあれば、ネジで固定されているものもあるので、手で動かしながら外しましょう。

少し外れた状態になるとドレンホースがつながっているのがわかると思います。

エアコンの分解掃除:ドレンホースの取り外し

大抵は差し込んであるだけですが、裏側からネジで固定されているものもあります。

ドレンパンに溜まった水がこぼれないように雑巾を突っ込んでおくと安心です。

ファンの取り外し方

ファンの取り外しをします。

向かって右側にファンの羽根が一枚ない部分があります。

ココにライトを当てて見てみるとネジの頭が見えるはずです。

このネジがファンとファンモーターを接続しているものなので、1回転ほど緩めます。

エアコンの分解方法:モーターと送風ファンを分離する
この機種は羽根の隙間ではなくココに六角レンチを突っ込む

ネジを緩めるとファンが左右に動くようになるので、右のモーター側にずらすとファンの左側の軸が抜けてきます。

ファンの左側を手前に引き出して、左に引っ張るとファンが外せます。

エアコンの分解掃除:送風ファンを取り外す

分解手順5:ファンの掃除方法

ファンの掃除をします。

ビニール袋にファンを入れて、洗剤をかけたあとビニールの口を閉じてしばらく放置します。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を40℃~50℃のお湯に溶かして、ファンを漬け置きするのがおすすめです。

ケルヒャーの高圧洗浄機などで掃除してもいいんですが、洗浄ガンが大きすぎてやりにくいので、散水ホースのガンの散水パターンをストレートにして汚れを飛ばしてやると効果的です。

分解手順6:熱交換器の掃除方法

熱交換器は洗剤をかけて5分ほど放置後、加圧スプレーですすぎ洗浄という手順を何度か繰り返して、出てくる水がキレイになったら完了です。

先程のファン洗浄と同じように散水ホースのストレートでキレイにしてやる楽ですが、くれぐれもバケツのあふれと水の飛び散りには気を付けてください。

養生を念入りにしておくと心置きなく洗浄に没頭できますよ。

養生の際はダンボールなどで枠を作ってやるとやりやすいです。

エアコンの分解掃除:養生のやり方

分解手順7:組み立てと動作確認

全ての洗浄が終わったら、分解した手順と逆の順番で組み立てていきます。

分解する時に小物ケースなどに外した順番でネジを入れておくと、後から部品をはめ忘れたとかネジが余ったなんてことが起きにくく組み立てがスムーズになりますよ。

自分でエアコン分解掃除のまとめ

今回のエアコンの分解クリーニングはかなり本格的なものです。

一度やってしまうともう業者に頼むのがもったいなくなるくらいキレイになるので、腕に自身のある人はやってみる価値はあるんじゃないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事がお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました