レンジフードの金属フィルターの掃除はたったの2ステップ!粉かけて放置するだけ!


油でギトギトになってしまったレンジフードや換気扇の金属フィルターの掃除は厄介ですよね。
でも、粉状の洗剤をたった一つのルールを守って使えば、あっという間にベトベト感無しでお掃除出来ちゃうんです。
そんな簡単な換気扇フィルターのお掃除の方法を教えちゃいます。


レンジフードの金属フィルターは濡らさない!


油でギトギトになった金属フィルターを掃除する時は、フィルターを水に濡らさないで下さい。
この濡らさないというのが、最も重要なルールです。
 
水に濡らしてしまうと、ドロドロになって面倒な状態になってしまうんです。
これは何故かというと、「乳化」という現象が関係しています。
本来、水と油は混ざらないのですが、重曹が油を分解することで水と油(正確には分解されたもの)とが混ざってしまってドロドロの状態になってしまうのです。
水に濡らさなければ粉状の乾燥した重曹が、ベトベトの油を吸ってちょうどいい具合のポロポロの塊になってくれるという訳です。

レンジフードや換気扇のフィルターに重曹をまぶして放置!

100均 重曹物語
100均 セスキ物語



レンジフードや換気扇の金属フィルターに、粉状の重曹かセスキ炭酸ソーダをまんべんなく、たっぷりとまぶして放置します。
大体30分~1時間で大丈夫です。
重曹よりもセスキ炭酸ソーダのほうが、アルカリ度が高く油の分解力も高いので、改めて購入するのであればセスキ炭酸ソーダを購入して使用してください。
 
ちなみにアルカリ度はPH(ペーハー)という指標で示されますが、酸性からアルカリ性まで1から14の数値で表されます。
1が最も強い酸性で14が最も強いアルカリ性。真ん中の7が中性です。
 
PHの値を見ると重曹はPH8.2、セスキ炭酸ソーダはPH9.8となっています。
ちなみに重曹もセスキ炭酸ソーダも65℃以上に熱するか水に溶かして長時間放置しておくと炭酸ソーダ水となり、さらにアルカリ度が高くなります。炭酸ソーダ水はPH11.2となります。
 
洗剤の使い分け方はこちら
台所掃除3つのおすすめ洗剤!重曹クエン酸と〇〇でゴミ受けやシンクもピカピカ!

金属フィルターに重曹やセスキ炭酸ソーダを放置後こする!

レンジフードフィルター

レンジフードや換気扇の金属フィルターに重曹やセスキ炭酸ソーダをまぶして30分~1時間放置したのち、油を吸った粉をブラシなどでこすり落とします。
この時は強くこすらず、油を吸った重曹やセスキ炭酸ソーダの粉を払い落とす感じで軽く落としましょう。
粉を落としても油が分厚く残っている場合は、もう一度綺麗な重曹などを振り掛けて放置、を繰り返します。
気にならないレベルまで落ちたら、あとは食器用洗剤などで軽くひと洗いして完了です。




レンジフードの簡単な分解掃除にもチャレンジ!
換気扇・レンジフードの簡単な掃除方法!重曹・セスキ炭酸ソーダVS専用洗剤、業者VS家事えもん!

重曹やセスキ炭酸ソーダを使っても油が綺麗に落ちない時は?

重曹やセスキ炭酸ソーダをまぶして放置、を2~3回繰り返しても油の塊が落ちないときの対処法です。
金属フィルターが入るような大きさのビニール袋を用意します。出来るだけピッタリのものが良いです。
フィルターを浸けられるような大きさの容器があれば、ビニール袋よりなお良いです。

次に、重曹かセスキ炭酸ソーダを熱めの沸かしたお湯(70℃程度)に溶かして、炭酸ソーダ水を作ります。
お湯に溶かすだけで炭酸ソーダ水になりますので、特に何もする必要はありません。
そして、作った炭酸ソーダ水を、レンジフードの金属フィルターと一緒にビニール袋に入れます。
※やけどに十分注意してください。
あまり熱すぎるお湯で長時間つけておくと塗装がはがれることがあるので、15分ほどしたら取り出して残った油汚れを軽くこすります。

ここまでやれば、よほどの事がない限りレンジフードの金属フィルターは綺麗になっているはずです。
 
キレイになった換気扇を汚さない方法を忘れずに!
レンジフード(換気扇)の掃除頻度は?汚れにくくする使い方は?フィルターの効果は?

重曹やセスキ炭酸ソーダもいいけど過炭酸ナトリウムがおすすめ!

コープ 過炭酸ナトリウム

重曹とセスキ炭酸ソーダの話しかしませんでしたが、私は過炭酸ナトリウムというのを使用しています。
これは衣類の漂白などに使う「酸素系漂白剤」とも呼ばれるものです。
匂いも昔ながらの洗濯洗剤そのもので安心感があります。
PH(ペーハー)値は10.5で、セスキ炭酸ソーダよりもアルカリ度が高く、油汚れの溶解力が強いです。

液体洗剤としても売られていますが、重曹などと同じように粉末でも売られています。
私が一番おすすめなのは、生協(コープ)で売られている過炭酸ナトリウム。
分解された油汚れが、再び付着する”汚れ戻り”しないのがお気に入りです。
シャボン玉石けんが販売している「過炭酸ナトリウム」をはじめいろいろ使いましたが、汚れは落ちるものの”汚れの再付着”が酷くて使いにくかったですね。

そしてこの過炭酸ナトリウムは、洗濯槽クリーニングにも絶大な効果を発揮しますので、余っても使い道があるのが嬉しいところ。
私は仕事で洗濯機の分解クリーニングもやってましたが、過炭酸ナトリウムを使って定期的に洗濯槽を付けおきしてやると、洗濯層を取り出しても裏側に汚れがほとんどついていません。
ちょっと大量の洗剤が必要になりますが、是非やってみてください。

最後に金属フィルターの掃除についての注意点!

ここまで記事を読んでくださって有難うございます。
最後に最初に言っておくべき事を書いておきます。最後なのに。

レンジフードの金属フィルターの材質はほとんどがアルミです。
そして、アルカリ洗剤はアルミを腐食させます。
つまりアルミを溶かしてしまいます。
溶かすと言っても今回紹介した重曹やセスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダ水、過炭酸ナトリウム程度では、フィルターが使い物にならなくなったりするほど溶けたりしませんが、銀色のアルミが変色して黒ずんだりしてまだら模様になることがあります。
一応気にしながら作業してくださいね。
 
 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました