製品保証と工事保証の違い 延長保証は10年つけたほうがいい?


無事給湯器を購入した後、いつまでも調子よく使えてくれるのが理想ですよね。

でも、やっぱり機械なので、そのうち調子が悪くなってきて、突然お湯が出ないなんて状況になります。

給湯器の耐用年数、いわゆる寿命というものは、一般的には8年から10年前後といわれています。

参考記事⇒給湯器の寿命は?故障したら修理か新品に交換が得か?

ところが、実際に給湯器が故障するのが10年後なのか20年後なのか、はたまた取り付けた直後なのか、いつになるかは誰にもわからないのです。
 
家電製品などは家電量販店で購入すると自動で10年保証が付いて来たりしますが、給湯器の場合はどうなのでしょう?

今回は、給湯器を交換したあとの2つの保証について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

給湯器交換時の保証には2種類ある

給湯器を新品に取り替えた際は、2種類の保証があります。

それは給湯器本体の保証であるいわゆるメーカー無償保証というものと、交換時に接続した配管や配線などの工事部分についての保証の2つです。

給湯器本体の保証には、メーカーの無料保証と有料の延長保証があります。
 
製品自体の保証は、メーカーによって違ってきますので、下の表を参考にしてください。
[ガス給湯器メーカーごとの保証の違い]

メーカーリンナイノーリツパロマパーパス
無料保証期間BL認定品は2年
非BL認定品は1年
BL認定品は2年
非BL認定品は1年
2年BL認定品は2年
非BL認定品は1年
有料延長保証ワランティV
5年、7年、8年、10年
安心プランS
5年、7年、10年
HOT安心システム
5年、7年
延長保証
5年、7年
備考BL認定品、非認定品とも所有者登録をすると3年に延長。「3年保証対象商品」は所有者登録をすると3年に延長。BRIGHTS(ブライツ)シリーズのみ所有者登録をすると5年に延長。特に無料期間延長等はなし。

家電量販店などでエアコンや洗濯機を購入した際についてくる無料保証10年とかいうものは製品自体の保証にあたります。
給湯器も追加で保証料を支払えば、最大10年の製品保証に加入できます。
 
給湯器の販売と交換をしている業者によっては、無料で10年の製品保証(延長保証)をつけているところもあるようですが、予め販売価格に保証料を単純に上乗せしているだけで、実際のところは無料ではないんですよね。

延長保証はどのメーカーも7年のもので6,000円前後の保証料で済みますので、価格をよく見比べてみたほうがいいですよ。

給湯器の工事保証とは

大抵の販売業者は、給湯器本体の保証とは別に、取り付ける際の配管、配線の工事に関して工事保証を設けています。

主に接続したガス配管、給水配管、給湯配管、追炊き配管、暖房水配管、リモコンなどの電気配線などの水漏れや接続不良などについての保証です。
 
この保証は、あくまでも自社が工事した部分などの不具合を、施工した工事会社自らが手直し等をしてくれるものです。

他の業者に修理してもらったり、自分や知り合いが修理したものについて修理代などを支払ってくれるものではないので、必ず施工した会社に依頼する必要があります。

施工した会社が休日で連絡がつかないなどでやむを得ず他の業者に頼んだとしても、自分で修理代を支払う羽目になるので注意してください。

あくまでも無料保証なので致し方ないところです。

水漏れなどが酷い場合は、給湯器の下にある給水バルブを閉めておきましょう。

延長保証の〇〇年というのは無料保証後の年数ではありません!
延長保証の年数は購入した時から数えて〇〇年です。例えば10年の延長保証であれば、メーカーの無料保証3年の商品の場合、無料保証期間3年とその後の保証期間7年を合算して10年間の延長保証という意味です。
メーカーの無料保証3年が終わってから10年という意味ではありません。
延長保証はいつまでに加入しないといけないの?
延長保証の加入期限ですが、基本的にメーカーの無料保証期間が切れるまでであれば、いつでも申し込みが可能です。
ただ、あとで加入しようと思っていると忘れてしまう可能性が高いので、なるべく新しいものを設置したら速やかに申し込みをしたほうがいいでしょう。

リンナイの有料延長保証「ワランティV」の金額はいくら?

リンナイの有料延長保証は「ワランティV」という名称です。

「ワランティV」はリンナイが直接保証するものではなく、リンナイが提携するテックマークジャパン㈱という引受保証会社が保証することになります。

損害保険を商品として販売するという形式になっているので、給湯器の販売店が保険代理店として販売しています。

逆に言うと、お客さんはリンナイや引受保証会社のテックマークジャパンに直接申込することは出来ず、必ず販売・工事を行っている業者を通さないと延長保証の契約をすることはできません。
 
こういった理由があり、延長保証の保証料(保険料)の価格は給湯器の販売・工事のお店によって違っています。
 
以下の金額は保険の仕入価格に多少の利益が加算された、平均的な保証料の価格の一例です。
[給湯器類]

製品カテゴリ型式例5年保証7年保証8年保証10年保証
給湯器
(ユッコ)
RUJ-
RUX-
RUK-
5,000円7,000円11,000円20,000円
給湯器
(ユッコUF RVD)
RUF-
RVD-
RF-1SWF
5,000円8,000円12,000円23,000円
給湯暖房機
暖房専用機
RUFH-
RUH-
RH-
6,000円8,000円12,000円25,000円
ユーアールRFS-6,000円8,000円12,000円27,000円
ハイブリッド給湯器
(エコワン)
RHP-
※ヒートポンプユニット
5,000円11,000円19,000円43,000円

[ガスコンロ]

製品カテゴリ型式例5年保証6年保証
ビルトインコンロRS-
RB-
6,000円6,000円
ガステーブルRT-
RTS-(ハオ)
6,000円6,000円

8年以上の保証となるとグッと保証料が上がります。

7年保証が最も加入しやすいのではないでしょうか。

ただ、8年目以降あたりから故障する確率が高くなるというデータもありますので、難しいところではありますが。

ノーリツの有料延長保証「安心プランS」の金額はいくら?


ノーリツの延長保証はリンナイと違い、直接お客さんがメーカーであるノーリツと延長保証契約を結ぶことになります。

延長保証の保証料(保険料)は、どこの業者で給湯器を購入・取付工事をしても同額です。
[温水機器]

製品名5年保証7年保証10年保証
GT・GT-C(MB含む)・GTS・GQ-A5,400円7,400円26,400円
GRQ・GRQ-C4,400円5,000円25,400円
OTQ・OTQ-C・OTQ-G・OTX7,400円11,400円37,400円
OQB・OQB-C・OQB-G・OX5,000円9,000円34,400円

[暖房熱源]

製品名5年保証7年保証10年保証
GTH・GTH-C(MB含む)・GQH5,600円8,400円27,400円
GH4,400円5,000円25,400円
OTH・OHQ9,400円12,400円50,400円
OH・OH-G7,400円11,400円34,400円

[ガスコンロ]

製品名5年保証
ビルトインコンロ4,900円
ガステーブル4,900円

延長保証7年よりも10年のほうがかなり延長保証料が高額です。
7年を超えたあたりから故障が出始める事が多いというデータが高額になっている要因となっているといえます。

スポンサーリンク

パロマの有料延長保証「HOT安心システム」の金額はいくら?

パロマもノーリツと同様、メーカーとお客さんが直接延長保証契約を結ぶ形になります。
[BL認定品]

対象機種5年保証6年保証7年保証8年保証
給湯専用機4,000円 ―6,000円9,000円
給湯風呂システム5,000円 ―10,000円 ―
ふろ給湯システム
(ブライツシリーズ)
所有者票のみ ―11,400円37,400円
給湯暖房システム7,000円 ―11,000円15,400円

[非BL認定品]

対象機種5年保証6年保証7年保証8年保証
給湯専用機5,000円 ―7,000円10,000円
給湯風呂システム6,000円 ―8,000円11,000円
暖房専用機8,000円 ―11,000円 ―
浴室乾燥暖房機7,500円 ―11,400円 ―
テーブルコンロ2,000円2,5003,000円 ―
ビルトインコンロ2,500円3,000円4,000円 ―
オーブン5,000円6,000円8,000円 ―

パロマはBL認定品と非認定品で支払う保証料が変わってきます。
他のメーカーにはある10年の延長保証が無く、最長で8年となっています。

パーパスの有料延長保証の金額はいくら?

[BL認定品]

対象機種5年保証7年保証
風呂釜
シャワー付き風呂釜
4,000円6,400円
設置フリー追炊き専用機
給湯単能器
5,000円8,000円
ふろ給湯器
暖房専用機
6,000円9,600円
給湯暖房器7,000円11,000円

[非BL認定品]

対象機種5年保証7年保証
風呂釜
シャワー付き風呂釜
5,000円8,000円
設置フリー追炊き専用機
給湯単能器
6,200円10,000円
ふろ給湯器
暖房専用機
7,400円12,000円
給湯暖房器8,600円13,500円

パーパスの延長保証には他のメーカーのような呼称が特にありません。

パーパスもパロマと同じくBL認定品と非BL認定品で保証額が変わってきます。

大手4メーカーの中で最も短い7年までの延長保証しかありません。
保証料も最も高いといえます。

まとめ 給湯器の有料延長保証は加入したほうがいい?

有料の延長保証に加入するお客さんは、はっきり言ってごく少数です。

私も個人的に有料の延長保証にはまず加入しない達なので、あまり加入する必要性を感じていない一人です。

特に10年保証はどのメーカーの延長保証も25,000円以上します。

他の記事で書いていますが、ほとんどの故障は25,000円以内で収まるので、1回程度の修理ではかえって高くつくでしょう。

参考記事⇒給湯器の修理はどこに頼む?修理費用の概算金額は?

ただし、2回以上故障修理があった場合や、高額の修理費用が掛かった場合の事を考えると、お値打ちな7年保証くらいには加入しておくと安心かもしれません。

それでも、故障発生率がグンと上がるのが7年を超えたあたりからなので、気休めくらいに考えておいたほうがいいかもしれません。

メーカーの修理部品保有年数や、製品の設計上の耐用年数が10年であることを考えても、有料の延長保証には加入しないで、8年目以降の故障の際は潔く新品に交換するほうが得策かもしれません。

参考記事⇒給湯器の寿命は?故障したら修理か新品に交換が得か?
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事がお役にたちましたら、「いいね!」を押して頂けると嬉しいです。ツイートもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました