自分でエアコンクリーニング!プロがスプレー缶や100均道具で臭いとカビがひどいエアコンの掃除してみた。やり方や手順と道具も。


ニオイとカビが酷いから自分でエアコン掃除やってみた、という記事や動画をよく見ます。

でも、プロとして仕事でエアコンクリーニングをやってる私から見ると、「え?それ、大丈夫?」「こうすればもっときれいになるのに」なんて思ったりします。

エアコンクリーニングのプロである業者と素人の違いは、「ポイントを押さえているか」どうかだと思います。

素人でも、100均やホームセンターで購入できる道具しかなくても、ポイントを押さえていれば、業者顔負けのきれいなエアコンクリーニングが自分でできるということを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エアコンクリーニングは自分で出来る!

エアコンクリーニングを自分でするにあたって、事前に押さえておきたい予備知識的なものがあります。

エアコンクリーニングの最適な時期

エアコンのカビは冷房を使う時にしか発生しません。
エアコンクリーニングをする時期のおすすめは、冷房や除湿を使い始める梅雨前ですが、冷房を使った夏の後の冬の暖房の前にも掃除してやると安心です。

冷房しようとエアコンのスイッチをつけてみたらエアコンから臭い匂いがして、とても使える状態じゃないって人は頑張ってやってみましょう。

一応言っておきますが、やり始めたら中途半端でやめないでくださいね。
中途半端な掃除は、かえって状況を悪化させてしまいますよ。

「やってみたら結構簡単だった!」と思ってもらえるはずですが、
もしこの記事を読んでも「不安だなぁ」と思う人は、プロのエアコンクリーニング業者に頼むことをお勧めします。

エアコンクリーニングを自分でしても綺麗になる方法

今回掃除するエアコンは、私が毎年エアコンクリーニングしているものなので、はっきり言って汚れは軽いです。
でも、この記事にあるエアコンの掃除方法なら、ある程度汚れの酷いものでもしっかり綺麗にできるやり方なので安心してください。

吹出口がカビだらけのエアコンでも、カビ臭いニオイもしっかり取れますよ。

エアコンの吹出口に大量にカビが付いているような状況だと、上下風向ルーバーや左右風向ルーバーもカビだらけになっているかもしれません。
当然、奥の方にある送風ファンはカビがびっしり付いているはずです。

締め切った部屋で、このカビから出る胞子が撒き散らされていたと思うと、ゾッとしますよね。

エアコンのカバーを取り外したところにあるアルミのフィン部分は、一見するとあまり汚れていないように見えますが、洗浄液を吹きかけると明らかに色が変わる場合が多いものです。

エアコンクリーニングを自分でするための準備

エアコンクリーニングを自分でするのがはじめてだという人は、YouTubeで動画を見ておくと理解がしやすいかもしれません。
ただ、なかにはやってはいけないやり方をやっている動画も多いので、分解の際の参考程度にしておきましょう。

最初の難関だと思われるエアコンカバーや風向ルーバーの取り外しなどは、「エアコン カバー 取り外し」などで検索すると参考になる動画がたくさん出てくると思います。

エアコンの外装カバーや風向ルーバーは、取り外せなくても掃除できないことは無いですが、これが出来ないのであれば業者に依頼したほうが後悔しなくて済むかもしれません。

エアコンクリーニング時の本体分解手順

エアコンの外装カバーと風向ルーバーをどちらから取り外すかは、機種によって異なります。

大抵の機種では、ルーバーを先に外さないと外装カバーが外せなかったり、外しにくかったりしますので、まずは風向ルーバーを外してみましょう。。

エアコンによっては、風向ルーバーが外装カバーの中でネジ止めされている機種もあります。
その場合は外装カバーを先に取り外してからじゃないと取り外せないのですが、まずほとんどありません。

風向ルーバーを取り外したら、次にエアコンの本体カバーを取り外します。
多くのものは、吹出口の下の位置にネジを隠すためのプラスチックの部品があるので、それを見つけて2本のネジを外して手前にカバーを引っ張れば外せます。

ただ、これも機種によるのですが、カバーの下側から外すものと、上にある爪を外して上側から外すものとに分かれるので、外せないときは両方から試してください。

カバーやルーバーは、取り外したあと、きれいに洗って乾かしておきます。

自分でエアコンクリーニングするために用意するおすすめの物

  1. アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス
  2. ジョンソン 激泡キッチンクリーナー
  3. 100均 スティック付きメラミンスポンジ
  4. 加圧式スプレーノズル ロングノズル付き
  5. 空の500mlペットボトル
  6. 養生テープ(セロハンテープやガムテープは不可)
  7. 45Lゴミ袋(持ち手がないタイプ)

上記は必須です。

  1. エアコン洗浄スプレーは別に他のメーカーの洗浄スプレーでも問題ありません。
  2. 「くうきれい」でもいいですが、同じ成分でこちらのほうが安くて入手しやすいのでお勧めです。
  3. 吹出口のプラスチック部分についた黒カビを取ることが出来ます。
  4. すすぎ用です。ペットボトルを取り付けて使用します。100均にあるスプレーでも代用できますが、しっかりすすごうと思うと手の握力がなくなります。綺麗にしたいなら必ず加圧式・蓄圧式のものを購入してください。
  5. ペットボトルには7割から8割程度までお水をいれてください。目一杯入れるとすぐに圧力が下がってしまいます。
  6. 養生テープは、汚水受けのゴミ袋の固定や、水が侵入しては困るところの防水に使ったりします。
  7. ゴミ袋は汚水受けに使います。透明でも半透明でもどちらでも可。

汚れや水分の拭き上げには古くなったタオルがお勧めです。

スポンサーリンク

エアコンクリーニングを自分でする方法と手順

養生
まずはエアコン周りを汚さないようにエアコンを養生しましょう。

45Lゴミ袋の長い方の片側のみをハサミで切ります。

ゴミ袋の切り開いた部分を、エアコンの下の方からすくうようにして設置します。
設置したゴミ袋を養生テープでしっかり留めます。

ゴミ袋の中には汚水がたまるので、結構な重量になります。
ゴミ袋が落下して汚水をぶちまけると大変なことになるので、テープ止めはしっかりしておきましょうね。

エアコンの電装基盤部分はたいてい向かって右側にあります。
コンビニ袋などを切ってテープで養生しましょう。

床には必ずブルーシートなどを敷いてください。
なければゴミ袋などを切り広げて敷いてもいいでしょう。

洗剤の吹付け
養生が終わったら、いよいよ洗浄です。
アルミフィンの洗浄から始めましょう。
エアコン洗浄スプレーを使って、アルミフィンの上部から左右へ移動しながら洗浄していきます。
最近のエアコンは熱交換器が山形になっていて、裏側にもアルミフィンがあります。
当然、裏側のアルミフィンも汚れているので、可能な限り洗ってやりましょう。

次に吹出口を洗浄します。
激泡キッチンクリーナーを送風ファンに吹き付けていきます。
片方の手で送風ファンをゆっくり回しながら、筒状のファンの中まで泡が行き届くようにたっぷり吹き付けます。

送風ファンをブラシなどでこすりたくなりますが、大変なのでやめておきましょう。
想像以上に大変ですから。途中で腕が挙がらなくなりますよ。
プロでも送風ファンをブラシで擦ったりすることはありませんから心配しなくても大丈夫です。

洗剤放置
洗剤を吹き付けた後は10分以上放置して待ちます。
ハウスクリーニングのプロは「洗剤に仕事をしてもらう」といった言い方をします。
この放置時間は、洗剤が汚れに反応するために必ず必要な時間なので、焦らず待ちましょう。

すすぎ洗い
あとは洗剤を水ですすぎます。

すすぎ洗いは、洗剤をかけるときよりも念入りにしてください。
たっぷりのお水を使用してすすぐことを意識しましょう。←ポイント!

一枚一枚の羽根の両面に加圧式スプレーの水流を当てるつもりで、片手で送風ファンを少しずつ回転させながら行います。(これが一番しんどい作業だと思います)

<注意事項>
送風ファンを手で押さえず水圧で勢いよく回してしまうと、モーターが発電して電装基板を焼いてしまったりする危険があります。
他にも、せっかくの加圧式スプレーの圧力が逃げてしまうので、洗浄力を大幅に低下させてしまうデメリットがあります。

もしゴミ袋の中の汚水がいっぱいになってきたら、小さな容器で汲み出しましょう。

すすぎ洗いは、エアコンクリーニングの成否が分かれるくらい重要です。
すすぎ洗いが不足していると、その後のカビや臭いの発生の原因になってしまいます。

くれぐれも洗剤をかけたまま、すすがず終了することはやめてくださいね。

洗剤を残しておくと、洗剤自体が詰まりやカビの原因になってしまいます。

エアコン洗浄スプレー缶には防カビ剤などが配合されているので、すすいでしまうと効果がなくなるんじゃないかと思ってしまいますよね。

でも、それでいいんです。

洗剤がカビの餌になることを考えたら、防カビ剤の効き目なんてほとんど無いようなレベルのものですから。

すすぎの際に吹出口の中を覗いてみて、プラスチック部分に黒い汚れなどがあったら、「スティック付きメラミンスポンジ」を使って汚れを取っておいてください。
横向き風向ルーバーに黒カビなどがついている場合も、ブラシやスティック付きメラミンスポンジを使って取っておきましょう。

エアコンカバーを取り付ける
洗浄が終わったら、取り外した時と逆の手順でエアコンのカバーと風向ルーバーを取り付けます。
コンセントを挿したら、送風運転(なければ冷房)をかけて、風量を強にしましょう。
強風で送風ファンを回すことで、ファンについた水滴が飛んで乾燥が早まります。

水滴が飛んでこなくなったら一度スイッチを切って、水滴をタオルで拭き上げたら、仕上げに暖房をかけて内部を乾燥させます。
暖房の設定温度を最大にして20分程度運転しておけば乾燥します。

エアコンクリーニング完了
しっかりすすげていれば、吹出口から出てくる風は爽やかな香りさえするはずです。

エアコン掃除後、カビを発生させない方法

数年使ったエアコンをはじめて掃除した方は、あまりの汚れに驚いたのではないでしょうか。

せっかく苦労してエアコンを掃除したんですから、きれいな状態を長く維持したいと思いますよね。

掃除後にカビを防ぐ方法はどうすればいいんでしょうか。

最近のエアコンには「内部クリーン」だとか「内部乾燥運転」、「カビ防止運転」といったカビを抑えるための機能が搭載されているものが多いようです。
仕組み的には、冷房使用後、しばらく送風運転や暖房運転をしてエアコン内の湿気を飛ばすものです。

ただ、完全にエアコン内の水分を飛ばすことは難しいので、どうしてもカビは生えてしまいますけどね。
それでもこの機能を使わないよりは使ったほうがカビを抑制できるのは間違いな有りません。

結構、カビ抑制機能を知らずに切ったまま使っているお宅が多いので、一度この機会に説明書を見て設定されているかを確認しておきましょう。

設定さえしておけば、毎回冷房を切ったあとに自動でカビ防止の機能が働いて、1時間から2時間程度勝手に動作した後、自動で停止してくれるので手間がかかりません。

まとめ

一度覚えてしまえば、案外簡単なエアコンクリーニング。
自分の好きな時に、自分の納得の行くまで綺麗にできるので、自分でやってみるのもお勧めですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました