おそうじ本舗のフィルター自動お掃除機能付きエアコンのクリーニングの価格はいくら?

おそうじ本舗はフィルター自動お掃除機能付きエアコン、いわゆる「お掃除エアコン」のクリーニング価格を載せてません。

一応「15,000円~21,000円(税抜き)」としていますが、かなりの開きがありますよね。

これはメーカーの違いなどによって価格が変わるということなのですが、そのメーカーごとの価格の詳細を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

おそうじ本舗の普通のエアコンのクリーニングの価格

おそうじ本舗のスタンダードな普通のエアコンのクリーニングの価格設定は、11,000円の税別となっています。

エコ洗剤を使用するエコ洗浄は1,000円アップの12,000円(税抜)です。

このスタンダードなエアコンの場合は、他社との競合も激しいのでこの価格より高いお見積りはまずありません。

私がおそうじ本舗の店舗を運営していたころは汚れの程度によって3段階の価格設定がありましたが、だいぶ前に改定されてワンプライスになりました。

夏前のキャンペーンなどでは、2台で20,000円(税抜)というキャンペーンを毎年やっているので、このキャンペーンを利用してもいいかもしれません。

ちなみに2017年12月は、エアコンクリーニングが1台のみの注文でも2,000円引きというのをやっているようです。

価格設定が業者で違う理由
エアコンクリーニング 価格の相場と値段の違い

お掃除エアコンのクリーニング価格はメーカーで違う

おそうじ本舗のフィルター自動掃除機能付きエアコンの価格設定はメーカーによって違います。

お掃除エアコンの構造はメーカーごとに特色があり、一口にフィルター自動お掃除機能と言っても形状や方式が違い、そのため分解の手順や手間なども大きく違います。

このことがメーカーの違いによるエアコン掃除の価格設定の差につながっている訳です。

各メーカーごとのお掃除機能の構造の違い
シャープ「プラズマクラスター(?)」
パナソニック「エオリア」など
ダイキン「うるさら7」など
富士通ゼネラル「ノクリア」など
東芝「大清快」など
日立「白くまくん」など
三菱電機「霧ヶ峰」など

おそうじ本舗のホームページを見ると、「いろいろな条件によって価格が変わるので問い合わせてください」というようなことが書かれています。

これは各店舗に価格設定の裁量権を持たせている訳ですが、見積もる人の気分で見積もりを出していては混乱するので、一応基準となる価格というのが決められています。

色々な条件によって見積もり金額が変わるといっていますが、実は本部が決めているのはメーカー別の価格設定だけです。

そのメーカーごとのエアコンクリーニング価格は下記のとおりです。

メーカー主なシリーズ名価格(税抜)
三菱電機霧ヶ峰15,000円
ダイキンうるさら718,000円
シャーププラズマクラスター(?)
日立白くまくん
東芝大清快
パナソニック(ナショナル・松下電器)エオリア21,000円

上記のお掃除エアコンのエアコン掃除の価格設定を見ると、最安が三菱電機製で15,000円。

最も高いのがパナソニック製となっていて、それ以外のメーカーは18,000円であることがわかります。

スポンサーリンク

お掃除エアコンは設置状況によって掃除代が高くなる

フィルター自動お掃除機能付きエアコンは、メーカーによってクリーニング価格が変わることは前述のとおりです。
ただでさえ、スタンダードな普通のエアコンよりも価格設定が1.5倍~2倍程度もあるお掃除エアコンですが、更に追加料金がかかることがあります。
それが設置状況による加算です。

これは基本的にスタンダードな普通のエアコンには無いものです。
どうしてこのような加算が出てくるのか?
それは分解する部品が多いがゆえに、エアコンと天井・壁などとの離隔距離が必要になるからなんです。

部品を固定しているネジや、電装基盤などに差し込まれている信号線のコネクターなどは、エアコンの真横や真上から抜き差ししなければならないものが多いのです。

エアコンの取付工事説明書には、天井や壁から何センチ以上離して設置しなさい、という離隔距離の指示がされています。
ところが、実際の住宅では配管を通すための壁の穴の位置や、壁のスペースの有無などの問題もあって、十分な隙間を開けられないことが多々あります。

中には壁にぴったりとくっついた状態で取り付けられているエアコンも珍しくありません。

隙間がなかったりすると、たった一つのコネクターを抜き差しするだけで何十分も掛かってしまったりするんです。

そうなると、天井や壁にくっ付いているような現場は手間賃を上乗せすることになってしまいます。

でも、まだ時間が掛かるだけならいいのですが、最悪の場合はエアコンクリーニング自体をお断りしなければいけない事もあり得ます。

お掃除エアコンの追加料金はいくら?

私の場合は、5,000円の追加を上限としてやっていました。
これはあくまで私独自の判断で、別に本部からの追加料金の指示などがあるわけではありません。

幸い今までにエアコンの掃除自体をお断りするような事態になったことはありませんが、以前手伝いに呼ばれて行った他のおそうじ本舗の店舗の店長は、早々に諦めて分解しないで洗浄していました。

フィルター掃除機能部ユニットはちゃんと取り外して洗浄しないと、熱交換器のアルミフィンが絶対に綺麗にならないんですが、その店長いわく「そんなのお客さんにはわからないからいいんだよ」だそうです。

それでも、しっかりお掃除エアコンの料金をもらっていたのには開いた口が塞がりませんでした。
みなさんもこういう作業者には気を付けてくださいね。

これでもまだお掃除エアコンを買いますか?
エアコンの自動お掃除機能付きは必要か?フィルターは自分で掃除?カビと故障に要注意!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が参考になりましたら嬉しいです。

コメント

  1. 横地猛夫 より:

    10年使っていて一度も掃除してない!ここ3年ほど毎年メーカー修理!
    ダイキンに、掃除をやってくださいと言われた!

    • けん より:

      10年掃除してないエアコンの汚れはすごそうですね。
      私のところにも「メーカーに修理頼んだら掃除してからまた呼んでください。」って言われた人がよく電話してこられますよ。

タイトルとURLをコピーしました