エアコンの購入時のポイント!自動お掃除ロボットの比較と選び方、おすすめメーカー!―その1

エアコンを購入する時には、冷暖房の能力の違い以外に押さえておくべき重要なポイントがあります。

最近のエアコンは省エネ性能も頭打ち。
一度購入したら、よほどのことが無い限り10年近くは使うことになるでしょう。

購入時にはきちんとエアコンの性能や付加機能について勉強して、購入後に後悔することの無いようにしたいもの。

今回は、最近の主流となりつつある「フィルターお掃除機能付きエアコン」について、メーカー毎に違いや特徴などを比較しながら詳しく書いていきたいと思います。

お掃除機能付きエアコンか従来型エアコンか

一番最初に、設置する部屋の広さからエアコンの能力の大きさを決めましょう。

同じ広さの部屋でも、冷房より暖房のほうが大きな能力を必要とするので、冬に暖房も使う場合は暖房能力で大きさを選ばないといけません。

夏場の冷房にしかエアコンを使わないのであれば、暖房能力は無視してかまいません。

お掃除ロボットがついていても、エアコンの大きさや能力とは全く関係ありません。

エアコンの大きさ、能力を決めたら、エアコンの集塵フィルターを自分の手で掃除するのか、内蔵されたお掃除機能にやってもらうのかを選びましょう。

迷った時はお掃除機能付きエアコンのデメリットについて書いた記事を参考にしてください。
⇒ 「エアコンの自動お掃除機能付きは必要か?フィルターは自分で掃除?カビと故障に要注意!」

フィルターお掃除機能付きエアコンは、一見どれも同じように見えますが、メーカーによってお掃除機能の構造が大きく違います
このお掃除機能の構造の違いによって、フィルターの掃除がまともにできなくなったりするような故障が起きやすかったりエアコン洗浄を依頼する時に価格が高かったりと、とても深刻な差が出てきます
ここでメーカーの選び方に失敗してしまうと、「お掃除機能付きエアコンなんて買うんじゃなかった!高かったのに!」というセリフを吐き捨てる羽目になります。

各エアコンメーカーが採用しているお掃除機能の種類

特に各メーカー共、お掃除機能の方式に名前を付けているわけではありません。
ここでは、わかりやすいようにフィルター自体が動くのかフィルターは固定なのかの「掃除方法」、フィルターからホコリを取る「集塵方法」、フィルターから取ったホコリをどう処理するかの「ごみ処理方法」に分けて考えます。

「掃除方法」
・フィルター移動式
・ノズル移動式

「集塵方法」
・ブラシ掻き取り式
・吸引式

「ゴミ処理方法」
・屋外吐き出し式
・ダストボックス式

まず、「掃除方法」から見てみます。

フィルター移動式

これはフィルター自体が移動してブラシ部分を通過することで掃除するタイプ。

フィルター2枚を同時に掃除するので比較的掃除時間が短い。

ノズル移動式

フィルターは固定されている状態で、その上を掃除ノズルが移動して掃除するタイプ。

フィルター移動式より比較的大きな音がする。

次に「集塵方法」を見てみましょう。

ブラシ掻き取り式フィルターからホコリを取る時に、物理的なブラシを使って掻き取ります。
吸引式小さな掃除機のような仕組みでホコリを吸い取ります。

最後に「ゴミ処理方法」です。

屋外吐き出し式集めたホコリは屋外までつながっているパイプを通して、外に吐き出します。 もっともトラブルが多い方式です。
ダストボックス式エアコン室内機の中にダストボックス(ゴミ箱)が設けてありそこにホコリをためます。 定期的にダストボックスのゴミを取り除く必要があります。

そして、気になる各メーカーごとの「掃除方法」「集塵方法」「ゴミ処理方法」の採用状況を見てみましょう。

富士通ゼネラルフィルター移動式ブラシ掻き取り式ダストボックス式
パナソニックノズル移動式吸引式(ブラシ併用)屋外吐き出し式
シャープフィルター移動式ブラシ掻き取り式屋外吐き出し式
日立ノズル移動式ブラシ掻き取り式ダストボックス式
ダイキンフィルター移動式ブラシ掻き取り式ダストボックス式
東芝フィルター移動式ブラシ掻き取り式ダストボックス式

注:メーカーによっては一時的に方式を変更したり、途中で方式を変更している場合があります。

私がエアコンクリーニングの作業を通してみてきた経験から、屋外吐き出し式」は非常にトラブルが多いです。
この方式では、室内機の中に換気用の小さいファンが搭載されていて、その吸引力で集塵ノズルから屋外の出口までホコリを移動させます。

搭載されているのは、ほんとに小さいファンです。
とてもこれでホコリを吹き飛ばし続けることはできないでしょう。

その証拠にあちこちにホコリが詰まっています。
私見ですが、この屋外吐き出し式のお掃除機能付きエアコンだけは避けることをお勧めします。

次のページから各メーカーそれぞれの掃除機能について、分解時の写真も踏まえて説明していきます。

まずは、シャープのお掃除機能付きエアコンについて解説していきます。
エアコンの購入時の重要ポイント!フィルター自動お掃除機能の比較と選び方、おすすめはコレ!―その2

最後まで読んでいただき有難うございました。
この記事が参考になりましたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました