給湯器のリモコン表示920や930とはなに?エコジョーズ特有の中和器交換のエラーについて

給湯器の920・930.290のエラー


給湯器のリモコンにいつの間にやら920という見慣れない番号が・・・。

特にいつものと変わらずお湯は使えるものの、普段と違う表示が出ていると気になるものですよね。

リモコンに920と表示されているのは、エコジョーズ給湯器特有のエラー番号で、「中和器の寿命警告」表示です。

この「警告」のあと、一定使用量を超えると、「中和器の寿命」となり、920が930と変わります。

中和器って何?

よく酸性・中性・アルカリ性という液性を示す言葉を聞くと思います。
酸性やアルカリ性に偏った液性を中性にする(もしくは近づける)ことを中和といいますよね。

エコジョーズ給湯器から酸性のドレン排水が出るんですが、この水を外に捨てる前に中性に近づけるために給湯器内についているのが「中和器」という装置です。

エコジョーズから出るドレン排水は、ガスを燃やしたあとの燃焼ガスに含まれる水蒸気が結露凝縮したものなので、エアコンなどから出るドレン排水とは違って、どうしても酸性になってしまうんですね。

中和器の中身はなに?仕組みは?

エコジョーズ給湯器の中にある中和器の中身はというと、炭酸カルシウムがボール状になったものがたくさん詰められています。

酸性のドレン水がこの中を通過する際に、化学反応を起こしながら中和されて中性の水へと変わるわけです。

当然、質量保存の法則があるので、酸性を中和する際に炭酸カルシウムが消化されて、徐々に小さくなっていってしまいます。

そして、いずれ中和する能力が低下してきて中和器の寿命となるんですね。

ちなみに中和器の寿命というのは、液性を見ているのではなく、給湯器の能力や使用時間などからドレン水発生量を算出して累積時間で判断しています。

このように給湯器の中でドレン排水は中和されて中性に近い水となるのですが、液性で判断しているわけではないので、920や930のエラー番号が出ていなくても、中和されていない可能性もありえます。

エアコンのドレン排水は垂れ流しにされていることが多いと思いますが、上記のような理由から、エコジョーズ給湯器のドレン排水は、基本的に汚水か雨水の排水経路に接続しなければいけないと定められているのです。

もし、エコジョーズの給湯器を設置してもらったのに、ドレン排水が垂れ流しになっていたら、それは手抜き工事ということになります。

中和器のエラー290ってなに?

中和器のエラーには寿命関係のもの以外に、290というエラーもあります。

この290というエラーは、中和器の中の水位異常のエラーです。

中和器の中がヘドロ状になって詰まってしまった時や、給湯器の外に設置されたドレン排水の配管の中が、ゴミや凍結などの原因で詰まってしまった時に、290というエラー番号がリモコンに表示されることがあります。

中和器の中の詰まりは掃除してもらうだけで治ることがあります。

凍結については、溶けるまで待つかお湯などをかけて溶かすしかないですが、寒冷地などは今後のためにも保温材を巻くなど、凍結対策をしておいたほうがいいでしょう。

リンナイでもノーリツでも全て同じエラー番号

このエコジョーズ給湯器特有のエラー番号920と930は、どのメーカーでも共通です。

リンナイでも、ノーリツでも、その他パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、長府製作所(chofu)、ガスター(YUMEX)など全て同じということです。

給湯器の種類についても、給湯専用機、ふろ給湯器、暖房給湯器など、エコジョーズ給湯器であれば、全ておなじ920と930の表示が出ます。

920と930のエラー番号の違いは?

920と930のエラー番号が有ると書きましたが、違いはなんでしょうか?

920:中和器寿命警告
930:中和器寿命

という違いです。
決定的違いは、給湯器が使えるか使えないかです。

920の表示が出ているうちは、今までと変わらずお湯が使えます。
ところが、一定期間が経過すると930のエラー表示に変わって、お湯が一切でなくなります。

920のエラー表示は、「もうすぐ中和器の寿命なので交換を依頼してください。」というもので、「交換しないとお湯をでなくしますよ」という警告なのです。

920が出てからどれくらい使えるの?

気になるのは、リモコンに920の「中和器寿命警告」がでてから、930のエラー番号が出て実際にお湯が出なくなるまでの期間がどれくらいなのか、ということですよね。

920や930の中和器寿命に関するエラー番号の表示時期には、一応目安の年数があります。

920の「中和器寿命警告」は、使用開始からおおよそ15年で表示されるように設計されています。

930の「中和器寿命」はというと、約16年で表示されるようになってます。

約1年の間隔があります。設計上は、ですけどね。

給湯器の使用環境によって大きく変わってくるので、中には10年未満の使用年数でも十分920や930のエラー表示が出る可能性はありますけどね。

で、この1年という間隔を信じてもいいものかというと、全くあてにならないのです。

この1年というのをメーカーの仕様書などから導き出してみました。

例えば、16号相当のガスの使用状況で1日に2時間使うとして、何日間使えるのか日数を計算してみます。

ちなみに、16号だと冬場では1ヶ所のみなら使用できる程度のお湯の量です。

すると、約75日と出るのです。

毎日2時間使ったとすると、猶予は2.5ヶ月しかないことになります。

「1年だいじょうぶー」なんて余裕ぶっこいてると、ある日突然お湯が出なくなりますから気をつけてくださいね。

920や930の修理費用は?どこに頼む?

中和器の交換修理をしてもらうと、だいたい15,000円から20,000円の費用がかかります。

はっきり言って、中和器の交換作業自体は非常に簡単で、慣れていれば15分位で終わります。

中和器の部品自体も3,000円前後と非常に安いです。

こう言うと、自分でやろうかな、なんて考える人もいると思いますが、悪いことは言わないので素直にメーカーに修理依頼して下さい。

なぜかというと、中和器を自分で交換したとしても、そのあと給湯器をリセットする作業をする必要があります。

このリセットには、特殊な端末が必要なので、一般の人間にはできないようになってるんです。

なので、例えば近所のガス屋さんに頼んでも、この中和器の交換修理作業はメーカー送りになります。

メーカーでなく近くのガス屋などに修理を頼んでしまうと、必ずガス屋の出張費なり手数料なりを加算されてしまうので、安く済ませたいのなら直接メーカーに修理依頼をしましょう。

 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」を押して頂けると嬉しいです。ツイートもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました